• 2013.03.24 Sunday

スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -
  • 2013.02.11 Monday

ジョゼと虎と魚たち 




大学生の恒夫は、乳母車に乗って祖母と散歩するのが日課の自称・ジョゼこと、くみ子と知り合う。くみ子は足が悪いというハンディキャップを背負っていたが、自分の世界を持つユーモラスで知的な女の子だった。そんな彼女に恒夫はどんどん引かれていき、くみ子も心を許すが、ふたりの関係は永遠ではなかった。


恒夫が足が悪いくみ子とどんな恋愛をするのか、どこまで行き着けるのか大人の私にはとても気になり最後までみたんだけど、結局いい方向には行かなかった。
シンデレラのような事は起きない。現実はそうなんだ。
若いからこそ、愛さえあればと思う、誰しも。

しかしながら、考えさせられる所が一杯あり、結局のところ見て良かったと思う。心の奥底に残る一品だと思う。
祖母役のおばあちゃんは、小汚いんやけど、これまたいい味出してて
くみ子のユーモラスな性格に関西弁がマッチして、池脇千鶴て可愛いだけの女優じゃないんだな。
くみ子に入り込みすぎて、なんか妻夫木聡とのラブシーンでは涙が出てしまいまして。

妻夫木聡の恋人役の上野樹里が平凡すぎました。
あと、妻夫木聡のセックスフレンドの短髪の彼女、めっちゃいい味出してる。おもろい。


  • 2013.03.24 Sunday

スポンサーサイト 


  • -
  • -
  • COMMENTS
  • ADD A COMMENT










現在の閲覧者数: